Safety Car usa cookies
Utilizamos cookies propias y de terceros para optimizar nuestros servicios y mejorar tu experiencia, no se utilizarán para recoger información de carácter personal. Necesitamos tu consentimiento para que aceptes nuestras cookies, que podrás eliminar siempre que lo desees.


Calificación:
  • 1 voto(s) - 5 Media
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
GP JAPON 2016
#21
Gracias Payo, por hacer que me sienta orgulloso de haberte entregado el sable.

Cuando te leo trayendo hechos indiscutibles y hurgando en la historia se me saltan las lágrimas.

Me gustaría ver a Calamity, a Max , y sobre todo a la lentejina parda con aquel MINARDI que hacía volar FER...
Apuesto todo a que no daban una vuelta completa. Todavía me acuerdo de la cara de Paul Stoddart en una carrera en la que los ingenieros le decían "la telemetría dice que el coche no puede rodar, vamos que sus indicaciones nos dicen que está KO" y FER contestando "no os preocupéis que acabo la carrera, tranquilos"...

Nunca habrá otro FER, salir de donde salió y como salió eso MARCA UNA FORMA DE SER, marca un destino... es como BLAS DE LEZO, nunca ha habido ni habrá marino igual.

Gracias por estos recuerdos!

FUERZA Y HONOR
#22
Para los valientes entrevista a Hasegawa en japonés http://f1sokuho.mopita.com/pc/free/index...t=-1&at=90
ホンダ密着:時間が足りなかった…アロンソの最新パワーユニットはマイナーアップデート版
2016年10月1日
 予想通り、ホンダがマレーシアGPでアップデートしたパワーユニットを投入してきた。ただし、投入するまでに至る過程と、投入のされ方がやや複雑なので、整理しながら説明していきたい。

 まず、この新しいパワーユニットをマレーシアGPに投入したのは、フェルナンド・アロンソだけだった。新しくなったのは、ICE(内燃エンジン 8基目/10番手降格)、TC(8基目/5番手降格)、MGU-H(8基目/5番手降格)、ES(7基目/5番手降格)、CE(7基目/5番手降格)で、30番手降格のペナルティを受けることとなった。このうち、トークンを使用して改良されたのは、ICEである。ただし、それは望んでいたアップデートではなかった。

「正直、思っていたとおりのアップデートができませんでした。本来はもう少し大きい燃焼系の開発で馬力アップを狙っていたんですが、それがうまくいかなかった」と長谷川祐介総責任者。

 そこでホンダは、セカンドベストとも言える方法でトークンを使用してきた。もう少し時間をかけて、燃焼系の開発を行ってからトークンを使用することはできなかったのだろうか。長谷川総責任者は、それができなかった理由を「これ以上、時間がかけられなかった」と説明した。

 もし、マレーシアGPで新しいパワーユニットを投入しないと、次は鈴鹿となるが、チームはホンダの地元である鈴鹿でペナルティを受けさせたくないため、日本GPで新しいパワーユニットを投入することはない。そうなると、早くてもアップデートできるのはアメリカGP以降となる。アメリカGPは18戦目なので、残りは4戦。

「どこかのタイミングで開発のシフトを来季へ移さなければならないわけですが、残り4戦のために引っ張るという選択肢はなかった」

 つまり、時間切れとなったため、マイナーアップデートを入れてきたわけである。そして、事実上、ホンダの2016年の開発は、今回のスペックが最終バージョンとなり、残る1トークンを使用することはないという。
#23
Gracias Payo por el hilo del hilo...
#24
y gracias por el gran curro...
Que dios te lo pague con muchos hijos..
#25
(04-10-2016, 19:54)joaquinhrndz escribió: Para los valientes entrevista a Hasegawa en japonés http://f1sokuho.mopita.com/pc/free/index...t=-1&at=90
ホンダ密着:時間が足りなかった…アロンソの最新パワーユニットはマイナーアップデート版
2016年10月1日
 予想通り、ホンダがマレーシアGPでアップデートしたパワーユニットを投入してきた。ただし、投入するまでに至る過程と、投入のされ方がやや複雑なので、整理しながら説明していきたい。

 まず、この新しいパワーユニットをマレーシアGPに投入したのは、フェルナンド・アロンソだけだった。新しくなったのは、ICE(内燃エンジン 8基目/10番手降格)、TC(8基目/5番手降格)、MGU-H(8基目/5番手降格)、ES(7基目/5番手降格)、CE(7基目/5番手降格)で、30番手降格のペナルティを受けることとなった。このうち、トークンを使用して改良されたのは、ICEである。ただし、それは望んでいたアップデートではなかった。

「正直、思っていたとおりのアップデートができませんでした。本来はもう少し大きい燃焼系の開発で馬力アップを狙っていたんですが、それがうまくいかなかった」と長谷川祐介総責任者。

 そこでホンダは、セカンドベストとも言える方法でトークンを使用してきた。もう少し時間をかけて、燃焼系の開発を行ってからトークンを使用することはできなかったのだろうか。長谷川総責任者は、それができなかった理由を「これ以上、時間がかけられなかった」と説明した。

 もし、マレーシアGPで新しいパワーユニットを投入しないと、次は鈴鹿となるが、チームはホンダの地元である鈴鹿でペナルティを受けさせたくないため、日本GPで新しいパワーユニットを投入することはない。そうなると、早くてもアップデートできるのはアメリカGP以降となる。アメリカGPは18戦目なので、残りは4戦。

「どこかのタイミングで開発のシフトを来季へ移さなければならないわけですが、残り4戦のために引っ張るという選択肢はなかった」

 つまり、時間切れとなったため、マイナーアップデートを入れてきたわけである。そして、事実上、ホンダの2016年の開発は、今回のスペックが最終バージョンとなり、残る1トークンを使用することはないという。

venga voy a probar suerte
#26
(04-10-2016, 19:59)cpp2808 escribió:
(04-10-2016, 19:54)joaquinhrndz escribió: Para los valientes entrevista a Hasegawa en japonés http://f1sokuho.mopita.com/pc/free/index...t=-1&at=90
ホンダ密着:時間が足りなかった…アロンソの最新パワーユニットはマイナーアップデート版
2016年10月1日
 予想通り、ホンダがマレーシアGPでアップデートしたパワーユニットを投入してきた。ただし、投入するまでに至る過程と、投入のされ方がやや複雑なので、整理しながら説明していきたい。

 まず、この新しいパワーユニットをマレーシアGPに投入したのは、フェルナンド・アロンソだけだった。新しくなったのは、ICE(内燃エンジン 8基目/10番手降格)、TC(8基目/5番手降格)、MGU-H(8基目/5番手降格)、ES(7基目/5番手降格)、CE(7基目/5番手降格)で、30番手降格のペナルティを受けることとなった。このうち、トークンを使用して改良されたのは、ICEである。ただし、それは望んでいたアップデートではなかった。

「正直、思っていたとおりのアップデートができませんでした。本来はもう少し大きい燃焼系の開発で馬力アップを狙っていたんですが、それがうまくいかなかった」と長谷川祐介総責任者。

 そこでホンダは、セカンドベストとも言える方法でトークンを使用してきた。もう少し時間をかけて、燃焼系の開発を行ってからトークンを使用することはできなかったのだろうか。長谷川総責任者は、それができなかった理由を「これ以上、時間がかけられなかった」と説明した。

 もし、マレーシアGPで新しいパワーユニットを投入しないと、次は鈴鹿となるが、チームはホンダの地元である鈴鹿でペナルティを受けさせたくないため、日本GPで新しいパワーユニットを投入することはない。そうなると、早くてもアップデートできるのはアメリカGP以降となる。アメリカGPは18戦目なので、残りは4戦。

「どこかのタイミングで開発のシフトを来季へ移さなければならないわけですが、残り4戦のために引っ張るという選択肢はなかった」

 つまり、時間切れとなったため、マイナーアップデートを入れてきたわけである。そして、事実上、ホンダの2016年の開発は、今回のスペックが最終バージョンとなり、残る1トークンを使用することはないという。

venga voy a probar suerte

Bueno he traducido con google y no he entendido nada...
#27
(04-10-2016, 19:45)Carreño escribió: Gracias Payo, por hacer que me sienta orgulloso de haberte entregado el sable.

Cuando te leo trayendo hechos indiscutibles y hurgando en la historia se me saltan las lágrimas.

Me gustaría ver a Calamity, a Max , y sobre todo a la lentejina parda con aquel MINARDI que hacía volar FER...
Apuesto todo a que no daban una vuelta completa. Todavía me acuerdo de la cara de Paul Stoddart en una carrera en la que los ingenieros le decían "la telemetría dice que el coche no puede rodar, vamos que sus indicaciones nos dicen que está KO" y FER contestando "no os preocupéis que acabo la carrera, tranquilos"...

Nunca habrá otro FER, salir de donde salió y como salió eso MARCA UNA FORMA DE SER, marca un destino... es como BLAS DE LEZO, nunca ha habido ni habrá marino igual.

Gracias por estos recuerdos!

FUERZA Y HONOR
Así es querido Carreño...

Y es que es muy fuerte que si te fijas, en el hilo (que aún tengo que terminar pero bueno) hago mención tanto al carrerón que se marcó en 2015, acabando 11° con ese motor de Gp2, como al que quizá fue su primer carrerón, en 2001, en el que también terminó el 11°, esta vez con un Minardi, es decir, otro GP2.

Entre ambas carreras han pasado 14 años, y sin embargo Fernando lejos de 'hacerse mayor', nos demuestra que sigue siendo capaz de hazañas increíbles.


Yo tb coincido en que nunca más veremos nada igual. Así que disfrutemos de él todo lo que podamos.
Ojalá la justicia divina nos de un último año, al menos, donde podamos verle donde se merece.

#orgulloALO

"Cuando era niño, soñaba con coches, con olor a gasolina, con viento en la cara, trofeos."
¤ Fernando Alonso ¤



#28
(04-10-2016, 19:54)joaquinhrndz escribió: Para los valientes entrevista a Hasegawa en japonés http://f1sokuho.mopita.com/pc/free/index...t=-1&at=90
ホンダ密着:時間が足りなかった…アロンソの最新パワーユニットはマイナーアップデート版
2016年10月1日
 予想通り、ホンダがマレーシアGPでアップデートしたパワーユニットを投入してきた。ただし、投入するまでに至る過程と、投入のされ方がやや複雑なので、整理しながら説明していきたい。

 まず、この新しいパワーユニットをマレーシアGPに投入したのは、フェルナンド・アロンソだけだった。新しくなったのは、ICE(内燃エンジン 8基目/10番手降格)、TC(8基目/5番手降格)、MGU-H(8基目/5番手降格)、ES(7基目/5番手降格)、CE(7基目/5番手降格)で、30番手降格のペナルティを受けることとなった。このうち、トークンを使用して改良されたのは、ICEである。ただし、それは望んでいたアップデートではなかった。

「正直、思っていたとおりのアップデートができませんでした。本来はもう少し大きい燃焼系の開発で馬力アップを狙っていたんですが、それがうまくいかなかった」と長谷川祐介総責任者。

 そこでホンダは、セカンドベストとも言える方法でトークンを使用してきた。もう少し時間をかけて、燃焼系の開発を行ってからトークンを使用することはできなかったのだろうか。長谷川総責任者は、それができなかった理由を「これ以上、時間がかけられなかった」と説明した。

 もし、マレーシアGPで新しいパワーユニットを投入しないと、次は鈴鹿となるが、チームはホンダの地元である鈴鹿でペナルティを受けさせたくないため、日本GPで新しいパワーユニットを投入することはない。そうなると、早くてもアップデートできるのはアメリカGP以降となる。アメリカGPは18戦目なので、残りは4戦。

「どこかのタイミングで開発のシフトを来季へ移さなければならないわけですが、残り4戦のために引っ張るという選択肢はなかった」

 つまり、時間切れとなったため、マイナーアップデートを入れてきたわけである。そして、事実上、ホンダの2016年の開発は、今回のスペックが最終バージョンとなり、残る1トークンを使用することはないという。

+1000 Big Grin cuando leo esto se me pone los pelos de punta  


「どこかのタイミングで開発のシフトを来季へ移さなければならないわけですが、残り4戦のために引っ張るという選択肢はなかった」
 MCL-32 nuestro cocHe ,,, 
#29
Bueno pongo esto aquí, está en el hilo de malasia.

La tabla la puso Vico y es de la diferencia de los pilotos con la cabeza en 2015

[Imagen: Ct7qMbgWYAA-cSI.jpg]
#30
(04-10-2016, 19:43)payoloco escribió:
(04-10-2016, 19:21)Pablo escribió: Gracias Payo, flipáste medio_en_colores en un mensaje de los últimos, pero te queremos....

Big Grin
Jajaja hoy estaba un pelín high, lo reconozco.

Pero es que creo que va a ser carrerón (si no petamos)

Me refería a una comparativa piloteril (puesta en otro hilo) medio sacada de aquel programa de cuatroesfera....

Big Grin


Salto de foro:


Usuarios navegando en este tema: 1 invitado(s)